【ビジクウ】ビジネスマンの悩みを解決!仕事は楽しみましょう

マネジメントやリーダーシップ、コスト削減などビジネスにおける様々な課題/問題に悩んでいるあなたに、ビジネスのヒントをお届けします。








MENU

上司のアドバイスはうざい?アドバイスを受け入れるメリットとは?

何をするにもアドバイスをしてくる上司っていますよね。ゴールに導くこともなく、ただ自己満足に浸りたいだけじゃないかと思うことがよくあります。

上司のアドバイスがうざい!売れ入れられない!という人に向けて、アドバイスを受け入れることのメリットについて解説します。

 

上司のアドバイスはうざい?

上司のアドバイスはうざい?アドバイスを受け入れるメリットとは?

上司のアドバイスがうざいと感じている社員はとてもたくさんいます。アドバイスがうざいと感じる理由には、以下のようなものがあります。

  • アドバイスしている内容がよく分からない
  • アドバイスを受けて成功したことがない
  • 話が長すぎて頭の中に入ってこない

自分が取り組もうと思っているプロセスを完全否定されているように感じる人もいるようです。部下の話を聞かない上司や取り組みを頭ごなしに否定する上司は問題外ですが、上司のアドバイスを完全に無視することも違うと思います。

阪神タイガースで活躍した鳥谷選手は以下のように語っています。

周りからもらったアドバイスは全部やれ。やる前から合わないとか決めつけずに、まずはやってみろ。やって合うか合わないかを決めればいい。

鳥谷 敬(プロ野球選手)

アドバイスがうざいのは分かります。でもまずは、受け入れて実践をしてみるべきだと思います。上司のアドバイスがうざいと感じる人の中には、アドバイスを勘違いしていることがよくあります。

上司がうざいのか?アドバイスの内容がうざいのか?

上司がうざいだけならば、アドバイスの内容を受け入れる前に壁を作っていることになります。どんなにうざい上司であっても、これまでの仕事で得た経験はビジネスのヒントになります。

上司がうざいからといって、アドバイスを受け入れないことは、自己成長のきっかけを1つ失っていることになるのです。

アドバイスを受け入れるメリットとは?

上司のアドバイスはうざい

上司のアドバイスをうざいと思いつつも、アドバイスを受け入れるメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。

反面教師にできる

上司からのアドバイスを実施にやってみなければ、それが正しいかどうか分かりません。アドバイスがうざくても実際にやってみて、違うと思ったら止めればいいだけのことです。受け入れたアドバイスを反面教師にします。

最初からNOのスタイルでいると、お客様と話すときにも苦労します。絶対にこの提案がいいと思っていてもお客様が納得しなかったとき、お客様が悪いと考えてしまうようになります。

どのような要望においても一度は受け入れること、これがとても大切です。

上司とコミュニケーションが取れる

アドバイスを受け入れて試した後、その結果を上司にフィードバックします。上司であっても間違っているものには間違っていると伝えて良いです。逆に伝えなければ、上司はこれからもずっとうざいアドバイスを続けることになります。

上司とコミュニケーションを取る際には、「ダメでした」「間違ってます」だけではなく、「この方法はいかがでしょうか?」と一言添えます。上司とコミュニケーションが良化すると、アドバイスの質が良くなるだけでなく、うざいという感情がなくなっていきます。

こちらからのフィードバックを否定する上司はダメ上司です。ダメ上司の下で我慢して働いている人が成長しているところを見たことがありません。無理をして上司を説得する必要はありません。同僚や、上司の更に上の上司に相談をするなどして対策を取りましょう。異動するのもよし、転職を検討するのも間違いではありません。

まとめ:上司のアドバイスはうざい?

上司からのアドバイスがうざいと感じる人は、まず自分が受け入れる姿勢を取るようにします。その上で合わないのなら、はっきりと伝えるべきですし、否定ばかりをする上司なら上司を変えるしかありません。

最初から壁を作ってしまうことは、あなたの成長を止めているだけにしかなりません。