【ビジクウ】ビジネスマンの悩みを解決!仕事は楽しみましょう

マネジメントやリーダーシップ、コスト削減などビジネスにおける様々な課題/問題に悩んでいるあなたに、ビジネスのヒントをお届けします。








MENU

決断力を強化するためにインプットを増やす!決断力を衰えさせないために

ビジネスにおいて決断力は重要なスキルの1つです。マネジメントにおいては、特に決断力が求められます。

  • 決断力を強化したい!
  • 最近、決断力が衰えてきた・・・
  • マネジメント能力を身に付けたい

上記のようなビジネスマンのために、決断力を強化する方法を解説します。

 

 

決断力を強化するためにインプットを増やす!

決断力を強化するために!

結論から言うと、決断力を強化する方法は、インプット量を増やすことです。

決断力とは?

決断力とは、強い意志で決定する能力のことを言います。近い言葉に「判断力」がありますが、決断力はこれから進む道を決めるもの、判断力は今の事象を分析するものと考えると分かりやすいです。

決断力を強化するためには?

決断力を強化するためには、多くの情報が頭の中にインプットされていなければなりません。なぜなら、インプットされた情報が少なければ、自分の意思決定が正しいのかどうか迷いが生じてしまうからです。迷いが生じると決断するために時間がかかったり、そもそも決断できなかったりします。

例えば、大手企業と取引するチャンスがあったとします。しかし、大手企業が提示している金額では、どう考えても赤字になってしまいます。大手企業とは取引をしたい、でも赤字のまま取引するわけにはいかない。

このような状況の時、あなたが決断するために必要な材料は、インプットされた情報なのです。

  • 最初は赤字でも効率化して利益化する
  • 大手でも赤字スタートで取引したら失敗する
  • 提案内容を切り替えて違う角度で勝負する

上記のような決断は、インプットされた情報を基にしています。人は、知らない情報に対して決断をすることができませんから、情報を材料にして決断をしていることになります。

決断力を強化するためにはインプットがとても重要であることが分かります。

決断力を強化するためにインプット方法

決断力を強化するために

決断力を強化するためのインプット方法をご紹介します。ベテランの方は、全て実施しているかもしれません。それでも決断力が衰えていると感じるなら、それぞれのインプット方法との付き合い方を変えてみるといいでしょう。

新聞を読む

当たり前のように感じるかもしれませんが、新聞は新しい情報をインプットすることに適しています。しかし、新聞には事実を伝える必要があるため、考察は少なくなっています。

決断力を強化するためには、新聞を読むときに「私ならこう決断するのにな」と自分事として読み解くといいでしょう。新聞のメリットは斜め読みできることですが、気になった記事については深く考えながら読み解くことをおすすめします。

本を読む

本には、過去に決断をしてきた方々の苦労が詰まっています。30年間の苦労をたった3時間で学ぶことができるので、これほど効率的なことはありません。

更に決断力を強化するためには、読んだ本について誰かに話しましょう。アウトプットすることを前提として本を読むと、インプットの質を上げることができます。

経験談を聞く

本は活字ですが、本当の声を聴くためには、お客様から経験談を聞くと良いです。まさに生の声なので、とても貴重なインプットになり決断力強化に役立ちます。

お客様は、苦労話をすることが好きです。熱心に聞きながら、メモを取るようにしてみてください。「自分の話をメモを取りながら真剣に聞いてくれている!」と感じると、親近感も沸き、より詳しく話してくれるようになります。

まとめ:決断力を強化するために

決断力を強化するためには、インプットする情報をとにかく増やすことです。決断することに自信が持てるようになり、スピーディーに仕事を前に進めることができます。間違った決断がダメなのではなく、決断できないことがビジネスマンとして失格なのです。